リースの由来

私たち 日本ではクリスマスリースがもっともポピュラーです。そんなリースの起源や意味合いについて 調べてみました。

リースはローマ帝国時代 花や月桂樹の葉を冠のようにして使われたことが 起源と言われています。また 終わりのない輪の形から 永遠・愛を表しています。

クリスマスリースについて

常緑樹は常に緑なので キリストの永遠の命の、ヒイラギの赤い実は キリストの流した血を、松ぼっくりや姫りんごは 保存もきくことより、収穫や神への捧げもの、リボンやベルは魔除けの象徴として飾られています。このように宗教的な意味合いも知っていると よりクリスマスを行事として祝うことができますね。

お気軽にお問い合わせください。050-3736-7312受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。
ページ上部へ戻る